苦手に思うことはないと思います。

苦手なことも、

実は苦手ではなかった

ということもあります。

 

何か、一手間を省いて、​

先に進もうと焦るために、

「できなかった」という出来事が、

【発生している】だけなのです。

すぐに、諦めることはありません。

その一手間が何かを、

いっしょにみつけて、

​苦手意識を克服しましょう。

苦手な場合の対処法

所々に、ポツンポツンと種を撒いてる。

水をかけてくれるかどうかは、
種か芽をみつけた、その人次第。

 

強く強く、ひょっこり芽が生えるように。

 

いつかは気づいてもらえるように。

 

種撒きをセッセセッセと・・・

​まのさんより

こんなこと言ってますが、

当の本人は、

目の前にいる人が

作文を得意だろうと

得意でなかろうと、

苦手だろうと苦手でなかろうと、

どちらでも大丈夫なのです。

やるべきことを

楽しくしながら行う!

考えてることは、それ一筋です☆